As We Are

9月 1, 2014 8:43 am
"・まず肯定
・ゆっくり喋る
・早く反応し過ぎない
・正論が正しいとは限らないことを理解する
・言う必要がないことは言わない
・弱点をつこうとしない、探さない
・話を素直に聞く態度
・疑問を抱き過ぎない
・断定系を使わず提案するような疑問系を使う"
8月 31, 2014 9:01 am
"「自分は即戦力にはなれそうになくて…」と相談してきた学生さんに「俺が何年掛かってこの会社の戦力になれたと思ってるんだ?新卒が即戦力になれる会社があるとしたら、そこは先輩が育ってない恥ずかしい会社だ」と返した先輩の言葉を、街中で「求む即戦力!」って書かれた求人広告見て思い出してる。"
8:16 am
"熱中症で入院すると45100円掛るからおとなしく冷房を付けた方がいいよ #有益な事を呟こう"
7:06 am
"99回殴って一回優しくする→女「根はいい人!」
99回優しくして一回殴る →女「本当は腹黒い人!」"
7:05 am
"パシフィック・リムは「ほらよ、お前らの見たかったやつはこれだろ?」感が全然なくて「これがオレの見たかったやつだ!そして同じ思いの奴のために作ったから見ろ!そうじゃない奴はすっこんでろ!」感がビンビン伝わるので良い映画だと思います。"
7:02 am
"[謙虚さがなくなる兆候]
・時間に遅れだす
・約束を自分のほうから破りだす
・挨拶が雑になりだす
・他人の批判や会社の批判をしだす
・すぐに怒り出す
・他人の話を上調子で聞きだす
・仕事に自信が出てきて、勉強をしなくなる
・ものごとの対応が緩慢になる
・理論派になりだす
・打算的になりだす
・自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる
・目下の人に対して、ぞんざいになる
・言い訳が多くなる
・「ありがとうございます」という言葉が少なくなる"
7:00 am
"相田みつをは地元で借金ばかり作り、周りに迷惑ばかりかけていたため、地元に相田みつをの展示館設立を拒否されたという。最低なダメ人間の言葉は人の心を打つのだ。"
7:00 am
"

118 名前:名無しって呼んでいいか?[sage] 投稿日:2010/02/03(水) 00:55:46 ID:???
還暦を迎えた母に誕生日おめでとうメールを送った返信。

件名:ありがとう
本文:ついに60代になってしまいました。
思い返せば、30代は小さなあなた方を夢中で見つめていました。
40代は、若々しく成長していくあなた方に見とれていました。
50代は頼もしく輝いていくあなた方に目を奪われていました。
あなた方がみんな素敵な伴侶を見つけ、巣立って行ってから迎えた60代は
20代の頃に戻ってもう一度お父さんと見つめ合おうと思います。

うっかり感動してしまった。

"
6:59 am
"ビフォーアフターに出てきた依頼主、リフォーム前はWinodows使ってたのにリフォーム後にMacBookProにとっかえられてたんだけど操作とか大丈夫なのかな"

Twitter / lesondes (via 774)

2010-10-19

(via gkojax-text)

(元記事: 774 (beckhastwodogsから))

8月 27, 2014 1:31 am
"日本「永世中立国なのにどうして軍隊があるんですか?」
スイス「中立だから軍隊があるんですけど」
日「武力使うんですか?」
ス「いやむしろ使わないんですか?」
日「えだって中立なんですよね」
ス「中立ですよ」
日「軍隊はなにをするんですか?」
ス「何ってなに?」
日「いや戦争しないですよね?」
ス「するときはしますよ」
日「でも自分から戦争に参加とかしないですよね?」
ス「最近はね」
日「最近って?」
ス「いや傭兵とかする人,昔は多かったから」
日「中立なんですよね?」
ス「中立ですが」
日「傭兵とか行っても中立なんですか?」
ス「傭兵が行ったら中立じゃないんですか?」
日「中立ですよね?」
ス「中立ですよ」
日「じゃあなんで戦うんですか?」
ス「そりゃまあ中立を守るためとか」
日「中立を守るのに戦うんですか?」
ス「戦わずに守れるんですか?」
日「平和主義なんですよね?」
ス「平和主義ですよ」
日(よくわからん人だなあ・・・)
ス(よくわからん人だなあ・・・)"
1:29 am
"

もののけ姫は宣伝がものすごかった。
それまで2-3年ごとに作ってた宮崎駿の、5年ぶりの新作ってことも後押し。
エコの概念が一般化してきた時代、自然との共生ブーム(映画公開と京都議定書は同じ年)

後から作品だけ見ても、こういう背景はわかんないよね。

"
1:27 am
"ドライブ中のカップルの会話

女:ねえ、そろそろお腹すかない?

これは決して、一緒にいる男に「お腹がすいているのか?」とそのまま聞いている訳ではなく、自分がお腹がすいているから、そろそろ食事にしたいという事を、遠回しに表現している物である為、ここで男側が「お腹は、すいていないよ」と否定してしまうのは会話として禁じ手であり、一旦ここは女の方に同意するそぶりを見せて、実際に食事をする、しないの意見は後にするのが正しい受け答えの仕方である。"

付加疑問文 - Wikipedia (via gkojax)
2007-11-18 (via gkojay) (via gkojax) (via perfume-mania) (via youyouyou) (via kashiyukalove) (via okadadada, placebogirl) 2010-03-10 (via gkojay) (via takaakik) (via memo500000000) (via girio) (via para-fall) (via liefujishiro) (via ssbt) (via takojima) (via daccot) (via powerthekitty) (via rosarosa-over100notes) (via ogg3) (via nise3kawan) (via yoichi13) (via petapeta) (via 46187) (via breaksole) (via hisame)
1:27 am
"親父は日本人で母ちゃんはアメリカ人な俺の家。
二人の出会いでも。

当時の親父は居合術の師範でアメリカの日本刀愛好家に
招待され渡米したらしい。

招待してくれた家の前で夕方、騒ぎが有った。

姉妹が不良に絡まれ姉が妹を逃がしたらしく、
妹が助けて欲しいと家の呼び鈴を連打。

家の主が警察に通報してると、親父が腰に刀を差して
飛び出して行ったらしい。
相手が銃を持ってたらマズいと、主も銃を持ち外へ。

見るとナイフで親父を囲む不良達。



443 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/07(日) 11:24:07 ID:d/GA9cQU
姉妹と主・やじ馬みなが「(親父)刺される」と思ってたら、
親父が爆笑。

親父「仕合おうか?」
不良「シア?」

親父抜刀。
周囲の人から不良ドン引きだったらしい。

親父が笑顔で刀を構え不良を追い回し姉を救出。
その姉が母ちゃんだと町の牧師さんに聞いた。

母ちゃんは俺が小さい時に亡くなったので思い出が無い。



444 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/07(日) 11:32:24 ID:d/GA9cQU
親父に母ちゃんの故郷を見てみたいと言って今年二人で渡米した。
町の人が親父の事を覚えてるのが笑えた。

バーの人「ツジギリの息子さんか?」
俺「辻斬り?」

当時この小さな町に侍が来たと有名だったらしく
親父を見に行く人が多かったらしい。

母ちゃんの件で日本に詳しい誰かが「ツジギリ」と呼んだみたいだ。



445 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/07(日) 11:41:18 ID:d/GA9cQU
小さな町だったけど親日の人が増えて嬉しい。
だけど、バーの人が言ってた事には苦笑いしか出来なかった。

「小さい子供に言うんだよ、悪さをすると辻斬りにやられるよ?って。
 だいたいの子供は言う事を聞くんだぜ?」

うちの親父はナマハゲ扱いか?www



452 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/07(日) 12:13:11 ID:JaKky1JS
»445 
海外のどこかの町だと、『いい子にしていないとニンジャが来るよ!!』
とか言われてると聞いたことがあるが・・・同レベルwww"
1:25 am
"コミュ障がどうので辞めて行った人が、別の会社でそれなりにやっていけてるらしいのを聞いて、コミュニケーションの責任は一方だけにあるのではないというのを感じずに居られない"

(via mug-g)

(hisameから)

1:22 am
"・昔、広告代理店の、「すっごく優秀」だと、
 よく人に言われている営業マンに聞いたことがあります。
 「いい営業って‥‥営業の極意ってあるんですか?」
 そうしたら、その人は、迷わずに答えましたよ。
 「とにかく、いることだと思います」
 はぁ‥‥とにかくいる?
 「誰でも、用事って、大事であろうがなかろうが、
  そこにいる人に頼むものなんです。
  いつでもそこにいるやつになれば、
  やっぱり仕事を頼んでもらえるんですよね」
 じぶんの能力のおかげじゃないというわけです。
 誰でもできることをしているんだと、言ってます。
 でも、これはうそや冗談じゃないと、つくづく思います。
 
 「とにかく、そこにいる」
 
 おもしろい相談が持ち上がっている場所に、いる。
 困ったなぁとうんうん苦しんでいる場所にも、いる。
 誰かと誰かが出会って、なにか起こりそうな場にいる。
 孤独でさみしいような場面にも、そっといる。
 いい考えが浮かんだ場所にも、聞いている立場でいる。
 手が足りない場所には、もちろんいる。
 
 いたら、なんでも頼みます。
 頼んだことをやってくれたら、信頼が生まれます。
 困った場面にいてくれたら、ありがたいと思われます。
 そういうことを無数にくり返していると、
 「いい仕事だから、あいつにやらせよう」となります。
 それが、「営業の極意」なのだと、
 言った営業マンのことを、ぼくは
 すごいもんだなぁと思ったものでした。"